大変申し訳ございませんが、お客様の端末は本サービスの非対応端末になります。
本サービスはAndroid OS 4.1以上のスマートフォンおよび一部のタブレット端末、またはiOS7以上のiPhone/iPadでご利用いただけます。

アプリケーション紹介

ワークフロー

承認プロセスの見える化でスムーズな申請・承認が可能。

ワークフローワークフロー

経費の処理や稟議申請など、業務に欠かせない申請のプロセスは、企業ごとに予算の幅、事案などの要因で、権限者は多岐にわたります。日本の複雑な商慣習に合わせたワークフローに柔軟に対応できるのが、mitocoのワークフローです。組織情報とも連携することができ、自社にフィットした承認フローを容易に作成できます。また、承認までのフローを予め設定しておき、指定日時での自動有効化ができるので、新規プロジェクト発足時にも便利です。このような設定によりスムーズな申請・承認を実施でき、業務の効率化だけでなく、意思決定のスピードをあげることが可能です。

状況別に申請データを確認状況別に申請データを確認

状況別に申請データを確認

画面上部のタブで承認状況別にデータを検索し、現在のプロセスをすぐに確認することができます。
また、申請が届くとmitocoの通知機能でお知らせ。承認者も申請者も、スピーディーな作業が可能です。

承認プロセスを柔軟に設計承認プロセスを柔軟に設計

承認プロセスを柔軟に設計

管理者は、承認プロセスを申請から承認までの流れに沿い一元的に設定することができます。また、承認ステップと分岐を含むプロセスをフロー図で確認しながら設定することも可能です。

申請から承認までの流れと、mitocoでできること

申請
承認プロセスの利用条件を設定
申請フォームの内容は、ユーザーなどを設定できます。(※別途Salesforceライセンスが必要です。)
申請データのロック
申請後は、申請データや添付ファイルを編集不可にすることが可能です。
ステップ承認者と承認条件を設定
柔軟な承認者設定
承認として、ユーザー指定、上司、役職、ユーザーグループなど様々な設定が可能です。
柔軟な承認者設定柔軟な承認者設定
代理承認
不在時に代理で承認するユーザーを指定できます。
複雑な承認条件
1人、半数以上、過半数、2/3以上、全員から承認人数を選択可能です。
差し戻し
申請者もしくは過去の承認ステップに差し戻すことができます。
分岐条件ステップ間の分岐条件
経路の自動判別
見積の金額や、見積先が法人か公官庁など、申請対象のデータや申請者によって処理を分岐させることができます。
最終承認
申請者への通知機能
承認時には申請者にメール通知を行います。

mitocoで実現できる、承認バリエーション例

代理承認
承認権限のあるユーザーが事前に代理承認者を指定しておくことで、処理を実施できない場合に代理承認が可能です。
代理承認代理承認
マネージャー承認
ユーザーオブジェクトのマネージャー項目が自動的に次の承認者として設定されます。上長を個別に指定する必要がありません。
マネージャー承認マネージャー承認
スキップ承認
同じプロセスの中に何度も同一ユーザーが登場する場合、一度目の承認に基づき、2回目以降の承認も実施したことになります。
スキップ承認スキップ承認
ユーザー指定承認
申請者又は承認者が次の承認者を指定することができます。
ユーザー指定承認ユーザー指定承認
掲示板
トーク
ToDo
カレンダー
文書管理
アドレス帳
ワークフロー
モバイルアプリ

さっそく『mitoco』をはじめよう!