コミュニティをもっと使ってみよう

はじめに

みなさん、こんにちは。

テラスカイのTech Blogを読まれている方はもしかしたら初めましてでは無いかもしれませんが、
初めまして、走れるmitocoのエンジニア、溝口です。

先日正式にリリースされたmitocoですが、みなさんどうでしょう?もう使ってるよーという方や、テストドライブで触ってみた、とか、展示ブースで見たよ!という方もいるかもしれません。

そんなmitocoですが、リリースされてからも日々進化を続けています!
その中から今回はコミュニティと呼ばれている機能の「まとめとこ」と「メッセージ」機能について紹介していこうと思います。


まとめとこ

mitocoのコミュニティには、「まとめとこ」という便利な機能が備わっています!

みなさんはチャットツールで会話をしている中で、「あ、この会話メモして後で読みたいな」とか、「この投稿はあの部署の人達にも見ておいて欲しい」みたいな場面ではどうされているでしょうか?

メモ帳ツールを立ち上げてコピペして保存したり、メールに転記して別の関係者に送信したり、何かしらワンクッション挟んでオペレーションをしている方が多いのでは無いでしょうか?

そんな煩わしさを解消するのが、この「まとめとこ」機能です!

では、「まとめとこ」がどんな機能なのか見ていきましょう!






まず、コミュニティの画面から、まとめたい投稿の赤枠のボタンをクリックします。





赤枠の「会話をまとめる」ビューが出てきました。
ここに会話をまとめる、まとめ先の一覧が表示されます。
投稿したいまとめ先を選択して、「追加」ボタンをクリックすると選んだまとめ先に投稿がまとめられます。





「新規作成」を選択すると下部にまとめ先名を入力するテキストボックスが表示されます。

まとめ先名を入力し、「追加」ボタンをクリックすると新規で作成されたまとめ先に投稿がまとめられます。






まとめた投稿を見る場合は、赤枠のボタンから、「まとめ」をクリックし、一覧から参照したいまとめをクリックします。





まとめが表示されました!

時系列で会話の重要な部分だけを抜き出してこのようにまとめることが出来るので、非常に便利ですね!


ダイレクトメッセージ

さてさて、次はダイレクトメッセージという機能を紹介していこうと思います。

ダイレクトメッセージは個人間のやり取りであったり、グループを作らずに複数人で会話をする為の機能になります。





メッセージタブをクリックすると、個人のやり取り、または複数人でのやり取りの一覧が表示されます。
今回はまだやり取りが無いので、赤枠の「メッセージ作成」をクリックします。





メッセージを送る送信先を選択する画面が表示されます。
ここでは名前の検索であったり、組織のロール情報から検索が出来ます

今回は宛先を一人選んで個人宛にメッセージを送ることにしましょう。





ユーザを選択したら、メッセージを入力します。
入力が完了次第、「新規作成」ボタンをクリックして、メッセージを送信します。





メッセージが送信されました!簡単ですね!


グループメッセージ

コミュニティのメッセージ機能には、個人間のやり取りだけでなく、複数人とのメッセージのやり取りも出来ます。

グループを作成してトピックを立てて、といったディスカッション形式ではなく、連絡事項程度のやり取りであれば、このグループメッセージ機能でカバー出来てしまいます!





先ほどのメッセージ作成のユーザ選択画面から、今度は複数人を選択します。





ダイレクトメッセージと同様にメッセージを入力し、「新規作成」ボタンをクリックします。





複数人宛のメッセージが作成されました。こちらも簡単ですね!


まとめ

いかがでしたでしょうか?mitocoのコミュニティ機能には「まとめとこ」やメッセージ関連の様な、簡単に社内のコミュニケーションを取れる機能が用意されています。

Salesforce上でチャットツールを使いたい、という方や、Chatterよりも高機能なコミュニケーションツールが欲しい!という方にはうってつけではないでしょうか!

是非みなさんもmitocoを使ってみて下さい!


さーて、来週以降のmitocoブログは!?

・営業さんから見たmitoco、俺ならmitocoをこう使う(仮)
・今話題のIoT連携、会議室の空き状況を見える化しちゃう超高機能カレンダー(仮)
・みんなのタスクをmitocoで見とこ!チームでも使いやすいmitocoのToDo(仮)
の三本です!

来週以降もまた見て下さいね!