カレンダーをもっと使ってみよう!

みなさんオリンピックみてましたか?? 感動しましたね!

オリンピックのあとは毎回体を動かしたくなる 製品開発部の大澤です。

次は東京オリンピックですね!2020(・∀・)

前回はmitocoのカレンダーの基本機能を紹介しました。

今回はmitocoのカレンダーの便利機能を紹介していきます。

複数人の予定を確認

自分の予定を確認は前回に紹介しました。

cal001

自分の予定だけではなく、複数人の予定をまとめて確認することができます。

手順

  1. 左のサイドバーから「ユーザー&施設」タブを選択します。
  2. 中部のユーザーのグループのすべてをクリックします。
  3. 確認したいユーザーを選択します。

選択したユーザーの予定を一元に確認できますね!

施設の予定を確認する

ユーザーの予定とあわせて施設の予定も確認することができます!

手順

  1. 左のサイドバーから「ユーザー&施設」タブを選択します。
  2. 下部の施設のグループのすべてをクリックします。
  3. 確認したい施設を選択します。

ユーザーだけでなく施設の予定も一元に確認することができます。

ユーザーと施設の空いている時間を探す

ユーザーと施設の予定確認することができるので空いている時間を探してみましょう!

手順

  1. 左のサイドバーから「ユーザー&施設」タブを選択します。
  2. 確認したいユーザーと施設を選択します。
  3. 今回は時間帯も見やすい「デイリー」表示で確認します。

青色の部分が予定空いてますね!

選択しているユーザーと施設の予定を作成する

ユーザーと施設の空いている時間を探すことができたら予定を作成しましょう。

手順

  1. 空いている時間(上の画像の青色の部分)をクリックして予定を作成しましょう。
  2. 招集したいユーザーと施設はサイドバーにて選択済みなので、「表示中のユーザー/施設を追加」をクリックします。
  3. 作成をクリックします。

サイドバーで選択したユーザーと施設が1ワンクリックで招集できましたね!便利!!

ユーザーグループを作成する

複数人の予定を確認するときに多数のユーザーから ひとりひとり探して選択するのは大変です。

そこでユーザーグループを作成することで効率良くユーザーの選択を行うことが可能です。

手順

  1. mitocoのホーム画面からアプリケーション設定をクリックするか、左メニュー一番下の歯車アイコンをクリックして設定画面に移動します。
  2. アプリケーション設定画面のユーザー > グループ追加 をクリックします。
  3. ユーザーグループ名と、紐付けたいユーザーを追加して作成します。※ アクセス制御で特定のユーザーのみに作成したグループを参照させることもできます。

ユーザーグループを使用して複数人の予定を確認

作成したユーザーグループを使用して複数人の予定を確認しましょう!

手順

  1. 左のサイドバーから「ユーザー&施設」タブを選択します。
  2. 中部のユーザーのグループの先ほど作成したグループをクリックします。
  3. 確認したいユーザーまたは「全追加」をクリックします。

効率良く表示することができましたね!

ユーザーグループを使用して予定に招集する

ユーザーグループを使用して予定に招集することも可能です。

手順

  1. 予定作成画面から「ユーザー、施設リストを表示」をクリックします。
  2. ユーザータブのグループから作成したグループを選択します。
  3. 招集したいユーザーを選択します。
  4. 作成をクリックします。

ユーザーグループを使用してフットサルの予定を登録できましたね! みんなきてくれるといいなー!

おわりに

今回紹介した機能ではmitocoカレンダーで効率良く予定の確認やまとめて招集することができます。

次回はカレンダー機能のオプションでもある、IoTセンサーを使った機能を紹介していきますので、ご期待ください。

※本記事の画像は開発中の機能も含んでおります。